女性に浮気される男性の共通項

ゼクシーの調査結果

男は、「浮気する動物」なんてよく言われますが、実際のところは、女性について結婚情報誌「ゼクシィ」の発表した調査結果は、浮気経験ありが、38%なんだそうです。

まあ、しかし、よく浮気されていても気がつかない情けない男性っていますよね。

そこで、探偵のプロに聞いてみたところ、浮気調査などを興信所、探偵に依頼される男性のお客の中から共通項をあげると、まず草食系であること。

告白したけれどデートは、彼女から提案されるまで知らん顔、結局興信所へ尾行調査、妻の浮気調査を頼みに来る男性客には、必ずこういった消極的な草食系な男性が多いようです。

もうひとつの特徴が、デートしない男です。

「忙しい」「休みがない」などを理由に彼女よりも自分の用事を優先してしまう男性は、要注意です。

かと言ってデートすれば、いいということではなく、家の中でのデートばかりで飽きてしまった彼女は、もっと刺激を求めて浮気に走ってしまうそうです。

恋愛には信頼関係も大切ですが、安心しきってしまって危機感のないのは、駄目です。

その他、「まじめすぎる」「束縛しすぎる」「初めから彼女が好きではない」など結果的に彼女のことを思いやる心が、ないのは良くないようですね。

男性は、性欲で浮気をするのに対して、女性は、男性から愛情をあまり感じなくなると浮気に走るようです。

最近増えてきたサービス

探偵を長年やっていると、意外に女性のことなど男女のことに対して裏が見えてくるので、自分の恋愛にも応用が、利くそうです。

また、興信所や探偵事務所の浮気調査以外に最近よくあるサービスで、別れさせ屋、くっつけ屋なども男女について熟練すると簡単に出来るようになるというのでしょうか?

実際に別れさせ屋では、別れたい相手の好みの異性になりきって演じ切り相手に興味を抱かせるのには、そんなに時間をかけずに簡単にこちらに向かせられるようです。

その間に依頼者は、形勢を逆転し相手に三行半をたたき付けるのだそうです。

こういうのは演技力もないと出来ない仕事なんでしょうね。

探偵も今は生き残っていく為にいろいろな調査にプラス裏工作などの仕事があります。

浮気調査って、男女どちらの依頼が、多いんでしょうね。

商売として成り立っているのは、こうした浮気調査や尾行調査などを探偵や興信所に依頼してくれる人たちがいてくれるからですが、圧倒的に女性なんだそうです。

何も浮気しているような素振りすらないのに勝手にヤキモチ焼きの奥さんが、ご主人の帰りが遅いことを心配して浮気調査の依頼をしてくることが多いそうです。