身元調査により身元を特定する

例えば、浮気調査では浮気相手の情報を得る必要性が出てきます。

複数回に渡り、浮気の証拠となるホテルの出入りや自宅の出入りを撮影したとして、その人物が何処の「誰」なのかを身元調査を行い情報を得るわけです。

必要な情報は氏名・生年月日・性別・現住所・勤務先などが代表的な最低限の項目です。

浮気が原因で離婚に進展してしまう事を想定して、慰謝料請求などに必要な個人情報を身元調査で得るのです。

離婚や慰謝料以外にも、浮気を止めさせる為に浮気相手と話し合うにも、浮気相手の個人情報が無ければ話し合いの場は成立しないと言えるでしょう。

このように日常の夫婦生活に起こりうる問題などに必要な身元を特定する作業。

近所間のトラブルが発生した際にもニーズがあります。

近所の騒音により平穏な生活が送れない状況やペットの鳴き声や糞害によるトラブルなども多く取りざたされるトラブルと言えます。

このような状況にご自分が遭遇した際、相手が聞き分けが良く改善されるならば問題無いが、「居住年数が古い人物」や「地域の権力者」などがトラブルの相手だった場合は問題解決は困難であり、それ相応の証拠や手順が必要になる事が想定されます。

正規な処置、つまり法的措置が必要な場合はトラブルの相手の正確な身元が必要になるのです。

そういった問題に悩まされることにより悲劇が生まれないとも限りません。

身元を偽る・隠す人物

探偵への依頼に多い「悪意のある人物」の調査。

結婚を前提に付き合っていた人物のプロフィールが嘘であったり、多額の金品を相手に渡してしまってから「相手の素性が偽り」だと気づいたりと、身分を偽り相手に伝える行為は悪意に満ちた行為で将来的に大きなトラブルに発展する可能性が高いです。

詐欺として摘発するには巧妙で故意に関わる確認が必要なため、対処に心底困って迷走してしまうかもしれません。

人と人の付き合いに存在するグレーゾーンを心得て行動している人物は、決定的な証拠を残さない行動をとります。

自宅一つにしてみても「自分名義の不動産」に居住はしないので、賃貸主が情報を開示してくれない場合はお手上げです。

このように「悪意をもった人物」に対峙するには探偵のような調査業者が必要であり、普通では得られない身元情報にも対応してくれるため、もしもの時に備える事も可能なのです。

トラブルに巻き込まれる前に

自分には無縁と思っていても起こってしまうのがトラブルである、というのも忘れてはなりません。

また、トラブルの根も気づかぬうちに生えているものです。

つまり、気づいた時にはすでにトラブルに巻き込まれているわけですが、そうなった時に探偵に相談してみるのも一つの方法なのです。

あなたが想定しないプロならではのアドバイスが受けられることでしょう。

トラブルは実際に起こる前に防いでおく、というのがセオリーでありベスト、ご自身一人の判断で物事を進めるのは非常にリスクが高いです。

時にはプロフェッショナルの意見や判断に耳を貸す行為も有意義です。

トラブルが起こるまでは本当に相談されることはないかもしれませんが、いざという時のためにその存在を心に留めておいてください。